読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(株)マンガンライフ

四国の右端でいろいろ考えるブログです。

レビュー トミカプレミアム 日産スカイラインGT-R V-specⅡ Nur (R34)


f:id:mangan-life:20160302143559j:image

ニュルの名を冠するGT-R

日産といえばGT-R、これは車好きの中でももはや常識である。
そのGT-Rの歴史の中でも、聖地ニュルブルクリンクの名前を冠したモデルをテーマにしたこのトミカを扱いたい。
f:id:mangan-life:20160302144643j:image

トミカという枠の限界

まだ、私が小学生だった時代にR34GT-Rのトミカが発売されたわけだが、その当時のトミカの出来には当時ですらガッカリした。
抜けてないリアウイング、全く似てないフロント周り、やる気がないとしか思えないリア周り、全てが忌々しかった。
そんなR34トミカが長い時を経てリニューアルされたので詳しく見ていこう。
f:id:mangan-life:20160302154712j:image
ライトは透明感あるクリアパーツで再現されている。また、各種インテークも勿論塗装されており、クオリティは抜かりない。
象徴とも言えるGT-Rエンブレムもかっちり再現。
f:id:mangan-life:20160302155314j:image
トミカらしく、ドアの開閉ギミック付き。
内装も専用バケットシートの再現までしてしまう気合の入りよう。
f:id:mangan-life:20160302155422j:image
リアウイングは当然のように抜けている。
ちゃんと印刷でエンブレム回りも再現。
しっかりウインカーが塗られているのが個人的には嬉しい。
f:id:mangan-life:20160302155547j:image
タイヤもトミカ汎用タイヤではなく、純正品を再現した専用品。
当時GT-R以外の車に履かせるのが異様に流行っていた記憶がある。
そして、昔販売していたトミカリミテッドはゴムタイヤだったからゴムなのかと思っていたら樹脂タイヤ。
ネットではガッカリしたという意見が多数だけど、ゴムタイヤだとこの扁平率のタイヤにはならないだろうからむしろ歓迎したい限りである。

GTのエンブレムもちゃんと右側の赤を再現。
25GT-tとかも…流石にこないか。

f:id:mangan-life:20160302160129j:image
総括
800円で、常時このクオリティを叩き出してくれるならすごく嬉しい。
エブロやミニチャンプスのような過激なクオリティは無いけど、ミニカーとして気軽に買えて仕事場のデスクにでも置いとける楽さが最大のメリットだと思う。
なおかつ、トミカリミテッドみたいな諦めた感もまるでなく、堂々置いて恥ずかしく無いクオリティで、コスパは高いと思う。

4月はインプレッサ22B STi、買わねば。