読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(株)マンガンライフ

四国の右端でいろいろ考えるブログです。

タイヤ学1 硬いと速いのか?

f:id:mangan-life:20160222083814j:image

負けた。完膚無きまでに叩き潰された。

土曜日、伸びすぎた髪を切りに美容室に行ってきた。
予約の時間までかなり時間があったので、
近くにあるエディオンのコースで彼女のネオトライダガーのセッティング変更の成果を確かめに行ってみた。
マグナムで完全に振りちぎるつもりで臨んだわけだが、タイトル通り彼女のトライダガーに全敗したのだ。

内部メカ的にはマグナムのOEM、モーター、電池共にトライダガーと交換してみたが、それでも敵わない。

ポリカとプラボディの差かと思って変えてはみたものの、それも無駄に終わり。

残された差異はタイヤ。
マグナムはスーパーハード、トライダガーはミディアムオフセットトレッド(内履き。

ここで、タイヤについて考えてみた。
  1. かつて行きつけの店で聞いた、コースによって必要なグリップが違うということ。
  2. マンガンライフ研究所のえまぬえる氏のライズエンペラー(MA、トルク超速シリコンタイヤ)にコーナーでは敵わないこと。
  3. スーパーハードやそれより固いローフリが現環境で主流で「速い」と、思い込まれていること。
  4. 当然、実写だと曲がりくねったコースはソフトの方が速いということ。

コースによってグリップがちがう?

実写に当てはめて考えるのなら、普通に納得できる話だ。
当然、気温やら湿度、チリやゴミなどで最適のタイヤは変わる。ミニ四駆でもどうやら起こり得る事象らしい。

シリコンタイヤにコーナーで負けた

実写同様、グリップの高いタイヤがコーナーでは速いらしい。おそらく、コーナーでの損失を力ずくで推進力で補っている。
TTなんかの再加速も目を見張るものだ。

スーパーハードやローフリが持て囃されてるから・・・

グリップの低いタイヤの方がミニ四駆の場合は速い(デフがないから)という通説があるが、最近疑問になってきた。
ソフトタイヤに追いかけられたこともそうだが、嫌いな提灯系システムを盲信している輩が支持しているから、ということもある。(要検証

実車はやわらかい方が速い

当然といえば当然だ。コーナーで多大な抵抗を受けながら再加速するんだから、トラクションは稼がないとタイムが出るわけがない。

これから検証してみるので確実な事はいえない。
でも、もしかしたらもしかするかもしれないな。